事故車の査定に関する豆知識

事故車・修理歴車とはどんな車のことを言いますか?

新車が出たから買い替えるというのは、車の購入のきっかけの一つです。

 

自動車の減税、エコカー減税などにより、今が車の買い時となるとさらに車の購入意欲は高まります。

 

あるいは、車検が切れてしまい、新たに車検に出すよりも新車や中古車を買った方がいい判断する場合や、車が事故に巻き込まれてしまい、修理不能、あるいは高額な修理費用が掛かるなどの理由で新たに車を購入するというケースもあるでしょう。

 

事故で車が壊れた場合は、はたして修理が可能なのか、もし可能である場合は修理代にいくらかかるのかが新たに車を買い替えるかどうかのポイントになると思いまます。

 

事故を起こした車の事を、一般的には「事故車」あるいは「修復歴車」と呼ばれたりします。

 

中古自動車査定基準によると、事故車とは「交通事故やその他災害により自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」と規定されています。

 

ちょっとぶつけて、軽く板金塗装した程度の車は事故車とは呼びません。

 

大きな事故に巻き込まれたりして、走行に支障をきたすほどのダメージを受けた車の事を事故車と呼ぶわけです。

 

事故車は外観をぱっと見ただけでは気が付かないことも多いのですが、ディーラーなどでプロの査定士が下取り車を詳しく調べてみたら事故車だったということもよくあるようです。

 

プロの目から見ると修復痕は分かるものなので、事故車の査定をする際には事前に申告しておいた方があとあとトラブルにならずに済みます。

 

 

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ