事故車の査定に関する豆知識

車で事故を起こしてしまった場合の対応と賠償

交通事故を起こしてしまったとき、または交通事故に巻き込まれてしまったときは、ショックで何をしたらいいのか分からなくなってしまう人も多いことでしょう。

 

自分の愛車が事故で無残な姿になってしまったのを見るのも辛いことですが、やはり最優先は事故で人を怪我させてしまっていないかを確認することです。

 

もし怪我人がいるようなら、すぐに救急車を呼びましょう。

 

その後、警察を呼んで、あわてずに状況を説明するようにしましょう。

 

また、加入している保険会社にも連絡しなくてはなりません。

 

事故の賠償などを保険でする場合には、事故証明が必要になります。

 

これは後日警察で発行してもらうことになります。

 

事故後の処理に関する様々な手続きは保険会社が代行してくれますが、被害者の方への謝罪はお見舞いは必ず自分で行って誠意を見せるようにしましょう。

 

逆に相手方の過失により事故に合ってしまった場合は、しっかり相手方に賠償の請求をするようにしましょう。

 

特に、車が大きなダメージを受けた場合などは、単に修理代のみならず、査定額の減額分も請求するようにしましょう。

 

小さな傷程度であれば、査定上は事故車となりませんが、フレームに歪みが出るような跡が残った場合などは事故車となり、資産価値が大きく減ってしまうことになります。

 

そのため、必ず事故車の査定を行い、車の資産価値がいくら減価が起きたのかを証明してもらうといいでしょう。

 

事故車の査定はディーラーでもやってもらえるのですが、より信用性の高いものとしては中古自動車査定協会で事故減価格証明書を発行してもらいましょう。

 

保険会社によっては、修理代以外は認められないと請求を跳ねつけられてしまう場合がありますが、交通事故紛争処理センターを通したり、弁護士に相談するなりしてしっかりと減額分も補償してもらいましょう。


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ