事故車の査定に関する豆知識

どれだけのダメージを受けると事故車となるか?

事故車は、中古車査定の際にマイナスとなってしまうということは、多くの人が知っていることです。

 

しかし、どういった車が事故車として扱われるのかを正確に知っている人は少ないようです。

 

単に交通事故にあってしまった車だということで、ダメージの大小にかかわらずこの車は事故車だと考える人が多いようです。

 

確かに事故で壊れた車=事故車と考えれば、それは決して間違いではないのですが、中古車査定の世界で事故車または修理歴車と呼ぶ車は厳密に規定されています。

 

中古車査定に絡めて事故車と呼ぶ車は「交通事故やその他災害により自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」と規定されています。

 

ですから、事故にあったけどもちょっとしたへこみで済んだ場合には、査定上は修理歴無となるのです。

 

逆に、交通事故にあったわけではないけども、何らかの理由で車のフレームが歪んでしまうようなダメージを受けた場合には事故車となってしまうわけです。

 

交通事故を起こして車を修理したことがあるから、事故車として評価が下がってしまうと短絡的に考えないで下さい。

 

最近の車は衝撃を和らげるために、フレームはしっかりとつくっていますが、バンパーなどぶつけやすいところは衝撃を吸収しやすい作るにしてへこみができやすいものが多くあります。

 

そのおかげで、フレームには問題なく歪みやへこみなどが起きない様に工夫されているわけです。

 

逆に、フレームにダメージを受けるような事故というのは相当に派手な事故を起こしてしまった時に限られるということです。

 

また、そういった事故の場合は、フレーム修正などの修理費用が高額になることが多く、修理せずに廃車にされてしまうことも多いようです。

 

 

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ