不具合のある車と中古車査定の豆知識

車が水没しそうになってもあわてずに

走行中に周囲の水位が上がってくると、誰でも不安になることでしょう。

 

実際、ちょっとした水位のところに侵入しただけでエンジンがかからなくなってしまうことがあります。

 

車というのは、それだけ水に弱くデリケートな乗り物だということが出来ます。

 

まず、水位が上がってきた時に車のマフラーの位置を一つの目安にしましょう。

 

走行中にマフラーに水が入ってしまうと、排気ができなくなるためエンジンが停止してしまいます。

 

水位があがってマフラーに水が入りそうだと感じたら、空ぶかしをしてマフラーの排気圧力をあげましょう。

 

ブレーキを踏むと排気圧力は低下して水が入り、エンジンが止まってしまいます。

 

周囲の水位が上がってきたら、できるだけブレーキを踏まずに車間距離をとって、スピードをだして前の車に近づきすぎて止まらざる得なくなるような状況を作らないようにするのがコツです。

 

マフラーの他に注意しなければならないのが、エアクリーナです。

 

マフラーは排気口ですが、エアクリーナは吸気口になります。

 

やはり吸入口から水が入ってしまうとエンジンが壊れてしまいます。

 

トラックなどはこのエアクリーナが低い位置にあることがあり、低い水位のところでもエンジンが停止する可能性があります。

 

もし、水位がエアクリーナーやマフラーの位置を超えそうになったら、車を邪魔にならないところに寄せて非難しましょう。

 

この時、水に流されないように、しっかりとサイドブレーキをかけておくことが大切です。

 

車も大切でしょうが、それよりも自分の命が一番大切です。

 

水位が上がりすぎて、水圧でドアが開かなくなったりすると逃げ遅れる原因になります。

 

ドアが開かなくて窓から脱出しようとしても、電気系統が水でショートしてしまうとパワーウインドウが作動しません。

 

水害時はまず安全確保が一番です。

 

車は後から見つかりますから、冷静に対応しましょう。

 

水没した車は車屋さんに査定してもらい、修理するか廃車にするかを後で判断しましょう。


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ