中古車の故障に関するお役立ち情報

最近の高性能バッテリーが突然寿命をむかえる理由

車のトラブルでJAFに要請が入る理由で一番多いのが、バッテリー上がりだそうです。

 

バッテリー上がりの原因は、もちろんヘッドランプの消し忘れなどのヒューマンエラーもありますが、皮肉なことに最近のバッテリーの性能向上がバッテリー上がりの1つの要因になっているようです。

 

かつてのバッテリーは、劣化するに従って徐々に性能が低下して行きました。

 

それは、セルモーターの回る勢いが弱くなってくることで気が付きます。

 

「セルモーターが力強く回らなくなってきた=そろそろバッテリーの交換時期」
といったおおよその目安が立ちました。

 

しかし、最近のバッテリーは息絶える直前まで、あまり電圧が低下せず、普通にセルモーターも回ります。

 

なので、バッテリーが劣化していて寿命が近いということんなかなか気が付きません。

 

車でコンビニに行ったら、帰りにはセルモーターがまったく回らなくなっていた、などというケースが増えているようです。

 

実際に家を出るときにはセルモーターも普通に回り、バッテリーの異常はまったく感じれないようです。

 

また、かつてのバッテリーは、ライトの消し忘れなどで過放電してしまった場合などでも、他車のバッテリーとコード接続して息を吹き返すことが出来ました。

 

しかし、最近のバッテリーは一度過放電させてしまうと、ほぼ再起不能になってしまうことが多いようです。

 

そうならないためにも、ライトのつけ忘れなどには十分注意をするとともに、バッテリーの点検は日頃から小まめに実施したいものです。

 

どのくらいで、バッテリーが寿命になるのか気になる人もいると思いますが、これはバッテリー自体の個体差や車の使用状況によって大きく異なります。

 

実際に、2年程度で寿命となってしまうバッテリーがある一方で、5年以上まったく問題なく使えるバッテリーもあるようです。

 

ようするに、バッテリーというパーツは「当たり外れが多い」ということが言えます。

 

ちなみに、中古車査定においては、仮にバッテリーがあがってしまった車でも、それほど査定額には影響を及ぼさないようです。

 

車自体に問題がなければ、バッテリーの交換実費程度のマイナスで済むようです。


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ