中古車の故障に関するお役立ち情報

事故車を修理するケースと廃車にするケース

ちょっとした車擦り傷やへこみの場合、あまり中古車の査定には響きません。

 

バンパーに擦り傷やへこみがある程度ならば、それほど大きな車の破損とみなされないことが多いです。

 

マイナス査定となっても、修理の実費程度なので、自分で査定前に修理するよりは、そのままにしておいた方がいいと思います。

 

しかし、事故にも程度があり、他車と正面衝突してしまったり、壁に激突しまったなどの車は、仮に板金塗装しても直しても100万以上かかる場合がありますし、フレームそのものが損傷を受けている可能性が高くなります。

 

そのようなケースでは、車の買取相場以上に修理代がかかってしまうことが多く、仮に修理したとしても事故車として査定額が大幅にマイナスになるために、廃車にするケースがほとんどのようです。

 

フレームに損傷を与えるほどの事故でなくても、修理代の自己負担額と車の査定額とを比較して、そのまま修理して乗るべきかどうかを判断するようにしましょう。

 

たとえば、信号待ちをしていたら後ろから追突されたケースで修理費に30万かかるとします。

 

この場合は、100%相手方に修理代を請求出来るのですが、相手方の保険会社の査定で修理代として20万しか出ないといった場合もあります。

 

損害額または時価額で低い方を請求することになるのですが、乗っている車が古いと査定基準そのものが低いために、修理代そのものも低く評価されてしまうことがありあます。

 

自腹で10万円プラスして修理をしたとしても、後日その車を売却する場合に5万円にしかならなければ、廃車にしてしまった方がいいと判断出来るわけです。

 

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ