人気車種の中古車査定の傾向を知る

スバルインプレッサと中古車査定

インプレッサはスバルが販売している乗用車・ラリーカーです。

 

1992年に同社レガシィの下位モデルとして登場しました。

 

ヨーロッパのCセグメント市場を狙った世界戦略車としての役割もある車でした。

 

スポーツワゴンタイプのWRXは、三菱のランサーエボリューションとライバル関係にあり、かつてはこの2車のパワー競争に注目が集まりました。

 

そんなインプレッサの中古車査定状況はどのようになっているのでしょうか。

 

インプレッサは初代のGC・GF型が1992年から2000年まで発売され、2代目のGD・GG型が2000年から2007年、3代目のGE・GH・GR・GV型が2007年から2011年、そして現在は4代目のGP・GJ型が発売されています。

 

中古車査定の相場を見てみると、1990年代のものや2000年代前半に販売されていた低年式の車はかなり安い査定額となっています。

 

もちろんグレードや走行距離などによってかなり異なります、インプレッサに限らず低年式の車の査定額はひくくなります。

 

2005年以降の年式のものになると中古車査定の額もぐっとあがります。

 

特に、スポーツワゴンタイプのWRXは販売台数が少ないために、その希少性から高額での買取が期待できます。

 

やはり、ラリーでも大活躍をした車ということで、根強い人気があるようです。

 

市販車とは思えないほどスポーティーなスタイルで、公道を走るとかなり目立ちます。

 

ぜひ一度手に入れてみたいと考えてるスバルファンは多いと思います。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

インプレッサの中古車査定額をアップさせる秘訣

 

スバルインプレッサの買取価格をアップするコツは複数の会社に査定してもらうことです。

 

1社だけの査定額でそのままインプレッサを売却してしまっては損になることが多いです。

 

複数の会社に査定をしてもらうということによって競争入札の原理で買取価格が高くなりやすくなります。

 

 

ネットから複数の買取店にインプレッサの一括査定はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ