トヨタの車種別中古車査定情報

クラウンオーナーの特徴と中古車査定

クラウンの中古車のほとんどがメンテナンスが行き届いている車が多く、比較的走行距離の少ないワンオーナーカーが多いので、中古車査定額はかなり良くなることが多いようです。

 

最近はセダンの人気がないと言われますが、クラウンに関しては大きく値崩れを起こすことはないので、安心して中古車査定を受けることが出来ます。

 

ただし、クラウンの場合、モデルチェンジごとに買い替えるオーナーが多いので、モデルチェンジ直後は中古車査定額が下がる傾向があります。

 

買い替えに伴って中古車の在庫が増えてしまう結果ですので、なんとの仕方のないところです。

 

日本を代表する高級セダンであるトヨタクラウンは、「日本人による日本人のための日本人が求める高級車」といわれ、クラウンを持つこと自体がステータスとなっています。

 

かつて「いつかはクラウン」というCMのキャッチフレーズが流行したことがありました。

 

1955年より販売が開始され、クラウンは「王冠」を意味します。

 

現行のトヨタクラウンにはたくさんのシリーズがあります。

 

「ハイブリッド」「アスリート」「ロイヤルサルーン」「マジェスタ」といった車種に大きく分けられています。

 

かつては、日産のセドリックやグロリアといったクルマがクラウンのライバルとされていましたが、現在は高級ミニバンのヴェルファイアなどがライバルとなっているようです。

 

クラウンはオーナー層の平均年齢の高いクルマゆえに、なんとか若者に興味を持ってもらう狙いで、アスリートの販売に力をいれているのでしょう。

 

ロイヤル系ですと、「クラウンのような超高級車に自分が乗っても、運転手にしか見えないよ!」といったイメージが若者にはあるようです。

 

ここ最近のトヨタクラウンの傾向としては、コストダウンを図ったり、ヤングユーザーを意識した造りにしているようです。

 

また海外の高級輸入車オーナーを取り込む考えで、これまでの純日本的な「至れり尽くせり」の部分を蔑ろにされているといいます。

 

その結果、古くからの年配ユーザーを無くしてしまったという意見もあります。

 

高すぎて手が出ないのも困りますが、しかし、クラウンの「ステータス」を崩さないで欲しいと思います。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

トヨタクラウンの中古車査定で損をしないために

 

クラウンの中古車査定なんてどこにお願いしても同じだと思っていませんか?

 

実は、中古車の買取価格は業者によって大きく変わってきます。

 

クラウンは高級車ですから年式の新しい車ですと数十万円単位で査定額が変わってしまうことがありますし、あるお店で値段のつかなかった古い車でも別のお店で査定してもらったら30万円以上の値がついたという例も実際にあります。

 

中古車査定は必ず複数の会社に依頼するようにしましょう。

 

 

インターネットから無料で複数の会社にクラウンの査定依頼はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ