トヨタのスポーツカーと失敗しない中古車査定

トヨタのライトウェイトスポーツカーMR-Sについて

トヨタMR-Sはミッドシップにエンジンを積むオープンカーで、MR-2の後継車となります。

 

国内ではマツダのロードスターと並んで、貴重なライトウェイトオープンカーです。

 

近年の若者のクルマ離れやミニバン人気もあり、トヨタMR-Sは残念ながら2007年7月に生産終了となってしまいました。

 

MS-Sのミッションは初期型が5MT、後期型が6MTのみとなっており、AT仕様がないということも、少なからず販売台数に影響した可能性があります。

 

中古車市場を見てみますと、2007年の最終型で、150万円〜200万円程度の販売価格となっているケースが多いようです。

 

スポーツカーの人気がないとはいえ、生産中止になったという希少性もあり、意外に高額な販売価格となっているようです。

 

中古車査定においても、それなりの期待をしてもいい車だと思います。

 

また、2シーターのオープンカーという、かなりマニアックなクルマのせいか、走行距離の少ない車が目立ちます。

 

2007年の最終型でも、平均2万キロ程度の走行距離となっています。

 

中古車査定においては、走行距離の少ない車は有利になりますから、そういった点もMR-Sの中古車価格が下落しない一因になっているのかも知れません。

 

MR-Sを買う人は基本的にマニアックな人が多いので、車の状態によって買取価格も大きく変わってくる可能性があります。

 

業者によっても買取価格に大きな差が出る可能性がありますので、まずは、中古車一括査定を利用して、複数の買取業者に査定をしてもらうといいでしょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

トヨタMR-Sのの買取価格はお店によって大きく変わることがありますのでご注意ください。

 

トヨタMR-Sはマニアックな車ですので、1社だけの査定では適正価格が判断出来ず、そのまま売却してしまうのは非常にもったいないことです。

 

複数の買取専門店に査定を依頼して比較をすることによって、高値で売却することが可能になります。

 

 

ネットから無料で複数の会社にMR-Sの一括で査定を依頼する

トヨタのオープンカーMR-Sの特徴と中古車査定関連ページ

トヨタの名車スプリンタートレノの中古車査定で損をしないために

トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ