高く車を売るための方法

車を高く売るコツは中間マージンのカットです。

一般に車を売る場合、買取業者や中古車販売店、あるいは整備工場を通して売るというケース多いと思われます。

 

売った車は最終的にはその車を欲しいという人の元へ行くことになりますが、その中間にどれだけの業者が関わるのかによっても中古車査定額は大きく違ってきます。

 

車を高く売るコツとしては、仲介業者がからまない業者に売ることです。

 

例えば、中古車市場での相場が100万円前後の車があるとします。

 

そしてこの車の中古車査定額が70万円だったとします。

 

この車を、直接個人売買で85万円売却すれば、売る方も買う方もお互いが15万円ずつ得をすることになります。

 

しかし、車の個人売買には手続の問題や、売った後のトラブルの問題がありますので、基本的に売った後まで責任を持つ必要がない仲介業者に依頼するほうが安心です。

 

もちろん、その場合には業者の中間マージンが発生する分個人売買のような金銭的メリットはありません。

 

仲介業者が1社ならいいですが、整備工場などに依頼すると、整備工場から買取業者、買取業者からオークション、オークションを経由して販売業者というように仲介する業者非常に多くなる可能性があります。

 

そうなりますと、それほど中古車査定には期待できなくなります。

 

ですから、中古車買い取り業者を選ぶ際は、自社で買い取った車を直接時分店で販売しているようなところにした方がお得です。

 

また、買取業者も1社だけでなく、数社に査定を依頼して比較するのが最も賢いやり方です。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車の買取価格はお店によって大きく変わることがありますのでご注意ください。

 

車は高額商品ですので、1社だけの中古車査定額でそのまま売却してしまうのは非常にもったいないことです。

 

複数の買取専門店に査定を依頼して比較をすることによって、高値で売却することが可能になります。

 

 

今すぐ無料で車の一括査定はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ