車を高く売るための正しい知識

車を売る際は車検を取らずにそのまま売却しましょう

車検が残っている場合と残っていない場合では、たとえ同一車種で同一年式のクルマでも中古車査定額が違ってきます。

 

当然車検が長く残っていれば残っているほど、中古車査定額はアップします。

 

多くの人は車を買い換えるタイミングとして、車検の時期が来ることを理由にあげます。

 

そして、車検が残り少なくて中古車査定額が低くなるならば、車検を取ってから売ったほうが有利だろうと思って、売却前に車検を取る人もいます。

 

確かに車検を取ったばかりで、丸々2年間車検が残っていれば中古車査定額は高くなります。

 

しかし、新たに車検を取る費用として少なくとも10〜15万円ほどかかるでしょう。

 

それに対して、車検が2年残っている車の査定額は、車検が切れている車の査定額とくらべて、車検費用ほどの開きは出ない、というのが実情のようです。

 

せいぜい5〜7万円くらいの差であると言われています。

 

その理由として、買取業者や中古車販売店では自社で車検の工場を持っている場合も多く、自社で安く車検を取ることができるからです。

 

車を売る際に車検を取ってから売るということは、その車検依頼した業者の儲け分も負担しなければなりません。

 

少なくともその儲け分は損をしてしまうということになります。

 

もう一つの理由として、車検を取得してから車を売ると、買い取った業者がその車を在庫として抱えている間はどんどん車検の期間が減ってしまうことになります。

 

それに対して、車検なしで売却した場合、中古車販売店では車が売れてから車検を取って納車することができますので、ロスがありません。

 

実際に買取業者や中古車販売店に聞いてもらうと分かりますが、車検がないのならそのまま中古車査定に出した方がいいとアドバイスしてくれるはずです。

 

車検が残り少なくなっている車は、そのまま車検を取らずに中古車査定に出すようにしましょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車を少しでも高く売るコツをご存知ですか?

 

それは、複数の買取専門店に査定を依頼して、一番高い買取額を提示した会社に売却することです。

 

しかし、多くの店舗を回って査定をしてもらうのは大変です。そこで便利なのが、ネットから無料で簡単に複数の会社に査定を依頼できる一括査定サイトです。

 

 

無料で簡単に一括査定依頼はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ