車を高く売れない理由と不動車の中古車査定

不動車となってしまった車はどうすればいいのか?

事故を起こした車は、場合によっては海外に輸出したりできますし、修理をすることで普通に走行することも可能になります。

 

しかし、水没や大きな事故により、修理が不可能となってしまった不動車に関しては中古車査定を受ける以前に車の買取そのものを拒否されてしまいます。

 

動かなくなってしまったということは、もう車としての機能がなくなっているので、買取業者が引き取ったとしても販売することができないのです。

 

残念ですが、車を売ることは基本的にあきらめざるを得ません。

 

どんなに懇意にしている買取業者であっても、不動車の中古車査定に応じてくれることはまずないと思います。

 

もちろん、大きな事故を起こした車や水没車でも、その車の破損状態によっては修理が可能な場合もありますが、車を売る値段よりも修理費用のほうが高くなってしまうことが予想出来る場合は、中古車査定そのもの意味がなくなってしまいます。

 

事故車専門の買取業者といえども、動かない車を海外に輸出するわけにもいきません。

 

そのような場合は、処分料を支払って業者に処分してもらうことになるでしょう。

 

もしも事故現場からの引き取りとなれば、レッカー代も請求されることになります。

 

ほとんどの買取業者では、不動車について相談すると『廃車しかない』と言われてしまうでしょう。

 

廃車にするということは手続きが必要になりますので、処分費用を支払って引き取ってもらう形が一般的です。

 

しかし、100%買取してもらえないというと、必ずしもそういう訳でもありません。

 

実は買取業者によっては不動車でも買い取りしてくれるところがあるのです。

 

絶対に買取してくれるという保証はありませんが、もしもまだ利用できるパーツが残っていれば、パーツを取り用のクルマとして活用出来るからです。

 

パーツの金額にもよりますが、場合によってはプラスになることもあります。

 

諦めずに、事故車専門の買取業者などに相談してみるといいでしょう。

 

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ