年式の古い車が高く売れない理由と中古車査定

10年落ちのクルマと中古車査定について

高く売れない傾向にある車の代表的な要因として、年式の古さがあげられます。

 

当然ですが、一部のプレミア的な車を除けば、ほとんどの車は年式が古くなればなるほど価値が下がっていきます。

 

2年乗った車よりも3年乗った車、それよりも5年乗った車のほうが中古車査定は厳しくなります。

 

特に新車登録から10年間近くになるクルマ、もしくはすでに10年を経過している車の場合は大幅に査定額がダウンしてしまう傾向にあります。

 

それは、車の寿命は10年程度と認識している人が多いことも関係しているようです。

 

実際20〜30年前の車の場合、10年も経過すると不具合が出てきてメンテナンスにお金がかかるといったこともあり、廃車にされるケースがほとんどでした。

 

そのため、その当時の10年落ちの車はほとんど査定額がつくことはありませんでした。

 

しかし近年の車は本当に良く出来ていますので、よほど乗り方が悪くなければ10年以上は楽に乗り続けることができるでしょう。

 

もちろん、全く故障がないというわけではなく、数年ごとにどこかに不具合は出てくるでしょうが、きちんとメンテナンスしていけば10年程度ではまったく問題になることはありません。

 

かつてのクルマの性能が悪かった時代からの俗説で、日本人の考えの中に「車は10年を超えたら、ダメ」というイメージが植え付けられてしまったのでしょう。

 

そのため、愛車を売る計画があるのであれば、なるべく10年を超えないように、できるなら5〜6年程度で売ってしまうのが賢いやり方です。

 

では、10年以上乗った車はどこも買取してくれないのかというと、そういうわけでもありません。

 

10年経過しても、状態がいいような車であれば、海外では日本車が人気ですから、海外輸出のルートがあるような業者に依頼すると比較的高く買い取ってもらえる場合もあります。

 

まずは、複数の買取業者に中古車査定を依頼してみるといいでしょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

年式の古いクルマを売却するコツ

 

中古車の買取価格はお店によって大きく変わることがありますのでご注意ください。

 

特に年式の古いクルマは、1社だけの中古車査定ではまともな金額を提示してくれないことがあります。

 

複数の買取専門店に査定を依頼して比較をすることによって、年式の古いクルマでも高値で売却することが可能になる場合があります。

 

 

ネットから無料で複数の会社に一括で査定を依頼する


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ