車を高く売れない理由と中古車査定〜過走行距離

どれくらいの走行距離だと中古車査定に影響するか?

車は基本的に年式が新しいほど高く売れます。

 

しかし、たとえ年式が新しくても、高く売れない場合があります。

 

それは走行距離が多い、いわゆる過走行車です。

 

2〜3年落ちの比較的新しい中古車でも、走行距離が5万キロを超えてくると購入を検討する人にとっては気になります。

 

さらに10万キロを超えてくると、中古車査定はかなり厳しいものとなります。

 

最近の車は非常に性能がよくなっており、かつてのように車の寿命は10年、走行距離も10万キロが限界ということはありません。

 

きちんとメンテナンスさえしていれば、おそらく20万キロ程度は十分走れると思います。

 

しかし、日本人は昔からのイメージを元に10万キロを超えた中古車は買わない方がいいと判断してしまう傾向にあるようです。

 

そのため走行距離の多い車は高く売れず、中古車査定額も低い値となってしまうのです。

 

今の車を乗りつぶすつもりであれば、走行距離を気にする必要はまったくありませんが、将来売却を予定しているのであれば、10万キロを超える前に売却する計画を立てるようにすべきです。

 

中古車査定において、マイナス査定とならない走行距離の目安は、1年につき1万キロといわれています。

 

5年落ちのクルマであれば、走行距離が5万キロ以内であれば中古車査定においてマイナス評価となることはありません。

 

人それぞれライフスタイルが異なりますから、1年に1万キロが目安といっても現実的には難しいかも知れませんが、参考までに知っておくといいでしょう。

 

また、買取専門店によっては、多少走行距離が多めでも、他に評価する部分があれば意外に高額査定となる可能性もありますので、中古車査定は必ず複数の業者に依頼するようにしましょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

走行距離が多めでも高く売るために

 

中古車査定の金額を少しでも高くするには、複数の買取店を比較するのは常識です。

 

特に走行距離の多いクルマは、中古車査定において大きなマイナス要因となります。

 

何社かの査定額をくらべて少しでも高く買い取ってくれるところに売却しましょう。

 

ネットから無料で簡単に複数の中古車買取専門店に一括で査定を依頼できる便利なサービスがあります。

 

 

ネットから一括査定の申し込みはちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ