車が売れない時はパーツで売る

売れないクルマでもパーツに価値があります。

ほとんど中古車査定の評価がない車であれば、廃車またはタダ同然で売ってしまうことになるでしょう。

 

しかし、古くなってしまったとは言っても、車は購入した時には高額商品だったはずですから、なんとか少しでもお金に変えられないものか、と考えるのが人情だと思います。

 

実は中古車査定において評価のつかないようなクルマでも、売れる部品やオプション品などを取り外してパーツとして売るという方法もあります。

 

特に改造をしている車の場合は、その社外品パーツが高く売れる可能性があります。

 

特にディーラー系で中古車査定をしてもらうと、社外パーツをほとんど評価してくれないケースがあるので、後付けで取り外可能なパーツは取り外しをしてお金に変えるのが賢いやり方です。

 

アルミホイールやエアロパーツ、マフラー、カーナビなど意外に高額で売れることがあります。

 

雪道を走る機会の多い人は、スタッドレスタイヤを持っているかも知れません。

 

こういったものも当然売却することが出来ます。

 

こういったパーツを売却するには、ネットオークションがお奨めです。

 

一度出品してみると分かりますが、ほとんどガラクタのようなパーツでも意外な高額で落札されてびっくりすることがあります。

 

どのようなパーツでも必ずニーズはありますから、ダメもとで出品してみるといいと思います。

 

特に、すでに絶版車となってしまった古いクルマのフロントグリルなどが高く売れたりしますので、古い車だから単純に価値がないと考えるのは間違いです。

 

また、最近では古い車をレストアして乗るマニアも多いですから、逆に古いクルマが高く売れたりすることおあります。

 

ですから、ディーラーでの中古車査定の評価がほとんどゼロのクルマでも、諦めずにいくつかの買取店に査定をしてもらって比較することも重要です。

 

ネットから簡単に複数の買取店の査定額を比較するにはこちら

 

 

売れない車のパーツを取り外して売却する関連ページ

車を廃車にする前に
売れない車を壊れるまで乗るという選択肢

トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ