日産のクルマの下取りと中古車査定

日産プレサージュの中古車査定を有利にするには?

日産プレサージュは、当時人気のあったホンダオデッセイの対抗馬として1998年に販売を開始されました。

 

プレサージュは当時人気のあったカテゴリーの車として期待されましたが、思ったほど販売台数は伸びなかったようです。

 

2003年にモデルチェンジが行われ、後席のドアがそれまでのヒンジ式から両側スライドドアに変更されました。

 

日産プレサージュのようなミニバンは小さな子供を後席に乗せることの多いため、ヒンジ式ドアの車だと狭い駐車場でのドアの開け閉めに神経を使うことがあります。

 

そういった意味で、スライドドアへの変更は正解だったといえるでしょう。

 

ライバルとなるオデッセイのモデルチェンジや、同じ日産のミニバンの上位車種であるエルグランドが2.5Lのラインナップを追加したことで、プレサージュの販売数は減少してしまい、2009年に生産を終了しました。

 

中古車価格も、人気カテゴリーであるミニバンの割にはかなり下落気味です。

 

5年落ちのプレサージュの中古車販売価格を見てみますと、50万円から150万円程度と非常に開きがあります。

 

ハイウェイスター2.5Lの4WDで、走行距離が3万キロ以内などという好条件のプレサージュの場合は、かなりの高額で販売されているようです。

 

売却の際の中古車査定においても、それほど高い評価は期待のできない日産プレサージュですが、少しでも高く売るためには日頃のメンテナンスをしっかりとして、車の状態を良くしておくことが大切です。

 

プレサージュは、色やグレードによっても中古車査定額が大きく変わってきますので、まずは一括査定サイトを利用して概算の買取価格を把握するようにした方がいいでしょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

プレサージュの中古車査定をする際のコツ

 

日産プレサージュを売る際に1社だけの中古車査定額で満足してはいけません。

 

たくさんの買取会社に査定をしてもらって比較した方が確実にプレサージュの査定額がアップします。

 

しかも、各店を一店舗ずつ回る必要はなく、ネットから簡単に複数の業者に査定額を出してもらうことが出来ます。

 

 

ネットから簡単にプレサージュの査定額を比較するにはこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ