マツダ車が高額査定となった一例

マツダ車でも高額査定となることがあるんです!

マツダは下取り価格が低いので、マツダ車のオーナーは基本的には乗りつぶすことを前提に車を買う、というのが一昔前までの常識でした。

 

しかし、そんな「マツダ中古車査定不利説」を大きく覆す事件が起きました。

 

私の6年と3か月乗ったマツダMPVの査定額が、なんと90万円になったのです。

 

マツダ車の中古車査定に関する認識が一変した瞬間でした。

 

私の頭の中では、せいぜい良くて50万円前後というイメージがありましたので、これは本当にうれしい誤算でした。

 

私の乗っていたMPVは23Tというトップグレードでしたし、純正ナビなどもついていましたので、条件的には悪くない車でした。

 

しかし、高額査定を決定的にしたのは、やはり走行距離の少なさだと思います。

 

6年と3か月乗ったにも関わらず、走行距離はわずか3万8千キロほどでした。

 

やはり、中古車査定においては、走行距離が少ないというのは大きなアドバンテージになるということなのでしょう。

 

一般的には、中古車査定において基準となる走行距離は1年あたり1万キロと言われています。

 

その基準から言えば、私のMPVは6万キロが査定においてはプラスマイナスゼロということになり、2万キロ分以上プラス査定に働いたということなのでしょう。

 

いずれにしましても、マツダ車のオーナーさん。

 

マツダ車はどうせ中古車査定は期待できないなどとあきらめないで下さい。

 

中古車業界はかつてとはだいぶ様相が変わってきています。

 

まずは、中古車査定一括見積サイトなどを利用して、自分のクルマの価値を客観的にしっておくというのも悪くないと思います。

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ