人気車種の代表格ヴェルファイアと買い取り相場

ヴェルファイアが中小企業の社長に人気な理由

現在、トヨタのヴェルファイアが中古車査定においてかなりの高評価となっているようです。

 

中古車買取のお店にヴェルファイアを持ち込んだりしたら、それこそ殿様並みの待遇で対応してくれることでしょう。

 

ヴェルファイアのように、ある程度の年数を乗っても車の価値の下がらない車は、中古車を取り扱う業者にとってもおいしいと同時に、会社の経営者にとっても非常に都合のいい車となります。

 

車は、税法上5年で減価償却となりますから、5年かけて経費処理をし、その後資産価値がなくなります。

 

しかし、資産価値がなくなるのはあくまでも税法上の話しで、実際のヴェルファイアは新車登録から5年たっても非常に高い資産価値があります。

 

ここが会社の経営者にとって、とてもおいしい部分になるわけです。

 

しかも、多くの中小企業の社長がマイカーとして利用している車は、会社名義になっています。

 

実際には個人用の車であるにも関わらず、会社の車として登録をして法人税を節税しているわけです。

 

そんなおいしい思いをして、なおかつ減価償却後も高い資産価値のあるヴェルファイアが経営者に人気なのは当然のことです。

 

会社の社長がこういった高級車に乗るのは、単なる見栄だけではなく、このような様々なメリットがあるからなんですね。

 

会社の社長として、乗っていてそれなりに恥ずかしくなく、中古車査定においては5年後も高額査定となるヴェルファイアは、まさに世のオーナー社長のためにある車と言っても過言ではないでしょう。

 

かつては「いつかはクラウン」というキャッチコピーの通り、庶民の憧れの車はクラウンでしたが、どうも最近では「いつかはヴェルファイア」になってしまっているようです。


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ