車の下取りについて知ろう

車の下取りでトラブルにならないために

中古車の下取りに関するトラブルは査定と売買契約に絡めて問題となることが良くあるようです。

 

例えば、新車を購入するために下取りの査定をしたところ20万と言われて納得して契約したところ、後になって傷が発見されたため、下取りの査定額を下げますと言われるケースがあります。

 

売買契約が成立した後に起きたトラブルの例は良くネットにも公開されています。

 

この中古車の下取りに関するトラブルであとあと問題になりかねない要因として、車の持ち主が査定にかかわる重大な不具合を意図的に隠していたり、査定を意図的に妨害していたり、査定後の納車までに生じた不具合について意図的に申告してなかったりということがあります。

 

中古車査定の時にはこのような問題がないように誠実に交渉することが大事です。

 

万が一意図的に不具合を申告していなかったことが発覚した場合には査定額が変更になるのは当然です。

 

逆に事前に修理歴などを正直に申告していたり、特に問題となるような行動をしたわけではないのにトラブルになるのは、下取り査定を行った側の問題になります。

 

特に車に詳しくない女性やはじめて下取りを行った人は要注意です。

 

契約時にマイカーローンを組まずに一括払いにするなど、金払いが良いと思われた人などは、様々な理由をつけて不利な査定や意味不明な請求をされることがあるようです。

 

瑕疵がないのに言いがかりに近い形で査定額を下げられてしまうようなときは、契約を白紙に戻すことも視野に入れて交渉するのが良いでしょう。

 

対応が悪く誠意が感じられない場合には裁判も視野に入れるのが良いでしょう。

 

また、悪質な業者の場合には下取り査定のミスを転嫁することもあります。

 

ネットの無料査定サービスなどを利用して、自分の車の適正価格を知っておくということもトラブル回避の1つの手段だと思います。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車の査定額に満足出来ない方は、他店と比較することで査定額がアップします。

 

実際に5社に車の査定をしてもらったところ、一番高いところと一番安いところで50万円以上の差があったという例もあります。

 

車を下取りに出す前に、まずは買取会社各社のの査定額をくらべてみる必要があります。

 

 

ネットから簡単に買取価格を比較してみる

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ