ローンが残っている車の中古車査定と売買

車の売却と所有者の確認

車のローンが残っているのに、会社の仕事環境が変わってしまったり、家庭環境が変わってしまったために車が必要なくなってしまうという人も少なくないと思います。

 

中には失業などにより、ローンが残っているけども、車の維持費を捻出することが出来ずに、買取や譲渡、廃車等も視野に入れているという人もいるかも知れません。

 

結論から言いますと、ローンが残っている車でも査定してもらって買取してもらうことはできます。

 

しかし、車の手続き上問題が出る可能性があるので、その部分をしっかりとクリアしてする必要があります。

 

車を購入した時に一括支払いではなく、ローン等で分割で購入した場合、車の所有者が所有権留保のためローン会社になっている場合があります。

 

車には所有者と使用者があり、ローンでまだ残金が残っている場合、使用者は購入者の名前となりますが、所有者は信販会社やローンを受け持った会社になることがほとんどです。

 

これは債務が残っているために、担保として債務者から債権者に提供されているわけです。

 

要するに、車を買ってもローンが終わるまでは自分のものではないということです。

 

普通に考えればおかしな話なのですが、なぜか昔から車に関してはこのようなことが慣例的に行われているようです。

 

自分の車でないわけですから、勝手に売却したりすると法的には横領になる可能性もありますので要注意です。

 

ですから、車を売り払いたい、買取をしてもらいたい場合は、まず、所有者を自分の名義に変更する必要があるわけです。

 

これを所有権解除というのですが、所有者によって解除の方法が異なる場合があります。

 

車のローンが残っている際には、まず、所有者の確認を行うのが先決です。

 

もちろん、この名義が自分の名義になっていれば買取等は自由に行うことができるということになります。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車の査定額は買取店によって大きく変わることをご存知ですか?

 

数社の査定額を比較すると、一番高いところと安いところで数十万円の差がでることはよくある話です。

 

ディーラーの査定額をもとにそのまま下取りに出してしまうのは損です。

 

複数の買取店の査定額を比較して少しでも高く買い取ってくれるところに売却しましょう。

 

ネットから無料で一括査定の依頼はこちら

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ