ローンが残っている車の中古車査定と売買

なぜローン中の車を処分するのか?

ローンが残った車をどうにかしたいと考える人は多いようです。

 

例えば、車のローンが残っている状態で、家の購入を考えた際、車のローンがネックで住宅ローンが組めないと言った事例があります。

 

この場合、大きなローンが重なるために、信販会社がローンを組み、支払いが滞ることを危惧しているわけです。

 

そこで車の持ち主が考えることは車のローンを一括で支払いてローンを無くしてしまうか、車を買取してもらうかという選択肢です。

 

金銭的な余裕があればローンを完済することがベストです。

 

しかし、完済できない場合は車を売ることを考えるのが一般的です。

 

そのため、ローンが残っている車を査定して、その費用とローンの残金を確認し、差額の現金を用意して買取してもらうのがスマートな方法でしょう。

 

ローン返済中の車は担保となっており、名義も自分ではないことがほとんどですので、車はを買いとってもらうためには所有者の許可をとり、手続きを踏まなければならないので注意が必要です。

 

ローンが残った車を査定してもらうケースとしては、他にもこんな例があります。

 

会社で車を所持していたのですが、会社が不況のため経営が悪化し、車を処分して財務を立て直しを図るといった例です。

 

まだ立て直しをはかる段階でしたら、査定も行われ、所有者の移動などは速やかにできますが、すでに倒産してしまった場合は車を処分する手続きは難航することが多くなっています。

 

そのような車が、正式な処理ができずに「わけ有り車」として市場に出る場合もあるようです。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

1社だけの査定額を元に中古車を売却すると大きな損をすることがあります。

 

車を売る際は、いくつかの買取専門店に査定を依頼して一番高いところに売るのが基本です。

 

しかし、何店舗も回って車の査定を依頼するのは大変です。

 

そこで便利なのが、ネットから簡単に複数の会社に一括査定を依頼することの出来るサイトです。

 

ネットから無料で車の一括査定はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ