ローンが残っている車の中古車査定と売買

信販会社の名義になっている車を売却する時

所有者の名義が信販会社、クレジット会社になっている場合、事故により仕方なく廃車にする場合でない限り、使用者であっても車を売ったり知人に譲渡したりは出来なくなっています。

 

信販会社・クレジット会社が所有者の名義人である場合、車の所有者は信販会社になりますから、信販会社から売っても良いという許諾を得る必要があります。

 

この許諾が得られない場合には車の名義変更や販売等は出来ませんので、注意が必要です。

 

信販会社がこのように所有者の名義を残していることを所有権の留保といい、ローンが残っている場合は許諾を得てから所有権解除の手続きとなります。

 

まず、信販会社からの許諾を得るためにはローンの処理に関する相談を行い、許可をもらうことになります。

 

一番すっきりするのはローンを一括返済してしまうことですが、ここではローンを残したままで承諾を得る方法について海底見ます。

 

これは信販会社に対してこれまでローンの支払いの滞りが無く、またどうしても車を手放さなければならない経済状況になってしまった等の特別の理由がある場合に限られます。

 

信販会社によってはそういった受付を行っていない場合もありますし、あったとしても審査が厳しい場合もあります。

 

ローンの支払いを残したままの許諾には、当然車を売却後もローンを支払い続けることが必要になります。

 

ところが、多くの場合、自分のところに車が無いのになぜローンを支払い続けることがバカらしくなり、支払いが滞るケースが多い野だそうです。

 

そういった事情があるために、信販会社の審査が厳しめになるようです。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車を高値で売却するには、複数の買取店に査定してもらうことがとても重要です。

 

お互いの店を競争させることで買取価格が必然的に高くなります。

 

しかし、何店舗もお店を回るのは大変な手間がかかります。

 

そこでお奨めなのが、ネットから複数の買取店に一括査定を依頼することです。

 

ネットから無料で車の一括査定はこちら

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ