ローンが残っている車の中古車査定と売買

現在のローン上乗せして、新たに車のローンを組むケース

所有権が信販会社にある場合、特段の理由が無ければ、車を売却したり名義変更をする場合にはローンを清算することが一般的です。

 

ローンの清算方法は残額を一括で清算するというパターンが多いようです。

 

また、場合によってはローンを組み替えて清算していくこともあります。。

 

ローンで組み替えるパターンとしては以下のケースなどがあります。

 

例えば、ローンを支払い中の車に乗っているけど、新しい車に乗りたくなってしまった場合。

 

この場合は、新しい車と古い車のローンを一緒にして組み替えたうえで、古い車はディーラー等へ買取してもらうことになります。

 

この時、古いローンが残っている車は査定にかけられ、査定分を引いてローンを組み直すという方法が取られます。

 

古い車と新しい車が同じディーラーならば、上乗せローンが出来る場合があります。

 

この場合はディーラーの扱いにもよりますが、こういった形のローンの組み替えはあまり多くないようです。

 

ローンの支払いが続いている状態で、新しく車を購入してローンを組むこと自体一般的ではありませんので、信販会社の審査もより慎重になることでしょう。

 

上乗せでローンの組み替えを行ってくれる場合は、上乗せの限度額というものがあります。

 

ローンの残金が多すぎる場合は、限度額を超える可能性があるので上乗せで組み替えは出来ない場合もあります。

 

その場合は車の購入を遅らせるなどの対策が必要となってくるでしょう。

 

いずれにましても、そういったケースの場合は、ディーラーや信販会社に一度相談してみることをお勧めします。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車の査定額を1社だけで決めることは出来ません。

 

なぜなら、中古車買取専門店では各社それぞれ独自の査定基準や在庫状況などを元に買取額を提示します。

 

当然、買取価格に大きなばらつきがでてしまいますので、1社だけの査定で本来の車の価値を判断するのは困難です。

 

ネットから一括査定を申し込んで最低5社以上の買取価格を比較することをお奨めします。

 

ネットから無料で車の一括査定に申し込みはこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ