ローンが残っている車の中古車査定と売買

車のローンが終わったら所有権留保解除をしましょう

車のローンを完済したら、所有権を信販会社やディーラーから自分の名義に所有権の変更をすことができます。

 

実際には所有権留保された車の所有権解除はどのように行われるのでしょうか?

 

車を自分の所有権にするにしろ、第三者にするにしろ必要な手続きがありますから、まとめて覚えておくといいでしょう。

 

新しく車を購入するために古い車を売却しようとしても、所有権が移っていないと売却がができないので、しっかりと名義変更の手続きをやっておきましょう。

 

まずは自動車税の納付が行われていることが大前提です。

 

当年度分の年初から当月分まで、または一年分を支払いをしていることが条件です。

 

そして自動車税納税証明書を準備します。

 

次に、車検証などで所有者となっている信販会社やディーラーに実印を押印した委任状をもらいます。

 

さらに、印鑑証明書、車検証のコピー、納税証明書、承諾書、完済証明書が必要となります。

 

住所が変わっている場合には住民票も必要となります。

 

書類が集まったら、陸運局に名義変更の手続きを行います。

 

住所が変更となった場合には、車庫証明が必要になります。

 

住所を移動した場合には、車検証の使用者の住所から現在の住所までのつながりがわかる住民票や戸籍の付票等が必要となるので注意が必要です。

 

第三者に引き渡す場合には、一度自分の名義に書き換える必要はなく、直接第三者の名義に変更を行っても大丈夫です。

 

所有権留保の解除は書類が多く、特に住所変更が行われて手続きが途中でなされていない場合には面倒な作業になることがあります。

 

そのため、慣れない人は代行業者に依頼する方が無難かも知れません。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車の査定額なんてどこにお願いしても同じだと思っていませんか?

 

実は、中古車の買取価格は業者によって大きく変わってきます。

 

年式の新しい車ですと数十万円単位で査定額が変わってしまうのは常識ですし、あるお店で値段のつかなかった古い車でも別のお店で査定してもらったら20万円以上の値がついたという例も実際にあります。

 

中古車査定は必ず複数の会社に依頼するようにしましょう。

 

インターネットから無料で複数の会社に車の査定依頼はこちら

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ