中古車の買取に関する基礎知識

車の下取りと買取を比較してみよう

車を買取をしてもらう、ということはすなわち自分が持っている車を売って金銭を得る行為となります。

 

景気が悪くなってきた昨今は、車の維持費を考えるて車を手放す人が多くなってきているようです。

 

低年式の車であれば高価買取を行っているところも多く、特に人気車種は売れ筋となっていますから、買取店にとって大歓迎です。

 

2012年5月現在の新車人気はトップがトヨタのプリウス、アクアが2位となっており、3位がホンダのフィット、4位が同じくホンダのフリード、5位がトヨタのヴィッツ、6位が日産のセレナ、7位がホンダのステップワゴン、8位がマツダのデミオ、9位がトヨタのヴェルファイア、10位が日産のノートとなっています。

 

新車で人気のある車種は当然中古車においても人気で、買い取り価格も高くなります。

 

中古車を買取店に持ち込む場合と下取りの場合、どちらに高い査定額がつくかと言えば、一般的には買い取りの方です。

 

車本体だけではなく、オプションパーツなどに対して付加価値がつくためで、例えばカーナビがついていれば、それ自体で査定額があがりますし、アルミホイールやエアロなどのパーツも評価してくれます。

 

不人気車種で年式の古い場合は査定額を出しようがない場合がありますが、そうした場合には買取店に売却するより下取りをしてもらう方が良い場合があります。

 

ほとんど値のつかない車でも値引きの形で査定額をつけてくれることがあります。

 

車の買取店に出すか、ディーラーに下取りしてもらった方がいいかは、ケースバイケースということが言えます。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

中古車買取店に最高値で車を売るために

 

中古車の買取価格はお店によって大きく変わることがありますのでご注意ください。

 

車は高額商品ですので、1社だけの査定で売却してしまうのは非常にもったいないことです。

 

複数の買取専門店に査定を依頼して比較をすることによって、高値で売却することが可能になります。

 

ネットから無料で複数の会社に一括で査定を依頼する

 

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ