中古車査定を有利にするチェックポイント

事故履歴のある車と改造車の中古車査定

査定基準価格の適用となる自動車の状態として、事故修復歴、損傷減価要因、改造がないという条件が挙げられています。

 

ではこれらの条件を満たしていなければ、査定に出したり買取をしてもらえたりはしないのでしょうか。

 

事故車と一口に言ってもいくつかの種類に分けられます。

 

修復歴車・・骨格部位が損傷を受け、その部分を修復したことがある車のこと。
      年式や走行距離にもよるが、一般の中古車買取店でも買取が可能。

 

事故現状車・・骨格部位が損傷を受け、その部分を修復していない車のこと。
       事故車を専門に扱っている買取店で査定をしてもらう必要がある。

 

その他にも事故を起こしたが、骨格部位には損傷がない車などもあります。

 

そういった車は、中古車業界で言われる事故車には該当しません。

 

一般の中古車買取店で、事故歴のない車として買取されています。

 

中でも事故現状車は、値段がつかないばかりか処分の料金を請求されることも多いと言われています。

 

しかし海外ではまだ需要があるというケースもあります。

 

海外への輸出ルートを持った買取業者もありますので、あきらめずに査定してみる価値はあります。

 

また改造車ですが、スポーツカーや改造車などを専門に扱っている中古車買取専門店もあります。

 

お金をかけてドレスアップした愛車を必要としている買取業者を探してみましょう。

 

違法改造車の場合は、車検を通すために当然車を修理する必要があります。

 

たとえ外装などがキレイに整備されている状態であっても、車検が通るように戻すためには、その費用が査定額からマイナスとなってしまいます。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

複数の中古車買取店を比較することで査定額が数十万円高くなることがあります。

 

ディーラーなどで出してもらった査定額を元にそのまま売却してしまうほは、非常にもったいないです。

 

ネットの一括査定サイトを利用して、買取価格をくらべてみることをお奨めします。

 

今すぐ無料で車の一括査定をしてみる


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ